汗と皮フの脂が一緒になると雑菌が増えて臭くなる

いよいよ季節的に初夏を過ぎてきました。

そしてこれからの季節、やはり気になるのがカラダの臭い。

照りつける太陽、多湿ともなると、汗が気になります。

汗は本来無臭なのですが、皮フの脂などと一緒になると雑菌となって臭くなるのです。

だったら、どうしたらその匂いを防げるか?

まずはじめに不潔にならないように気を付けることです。

しっかりとお風呂に入りましょう。

夏場は「シャワー」のみって方、沢山いらっしゃると思います。

とにかくお風呂を沸かして入って下さい。

これには体をほぐす効果があります。

その上で、隅々までカラダの汚れを落とす事が重要なのです。

石けんはしっかり泡を立てて、やさし~く洗浄して下さい。

ニオイが気になるからと言ってゴシゴシ洗いをするのはNGなんですよ。

肌の表面にいる常在菌も取れてしまうからなんです。

あとは食事内容にも気を使ってください。

皮膚の脂と一緒になると臭くなるとさっき述べました。

そう、脂。

脂っこい食べ物ばかり食べていると必然的に、皮脂分泌量が高くなりますよね。

「食」は「栄養のバランス」を重視し、皮脂分泌量をコントロールすることが大切です。

三個目はストレス。

イライラしていると、飲酒量や食事量が増えたりして、不健康な生活になりやすいものです。

直接的に関係なさそうですが、ストレスを軽減することも体臭予防になります。

 

夏の季節に知人の自宅に呼ばれると気が重くなる

私の場合は夏など暑い季節になってくると足臭が気がかりになります。

基本的に暑がりの汗かき体質な為、春や秋ならともかく暑い夏のなると尋常じゃないくらい汗をかくのです。

それだけでも汗の臭いでみんなが気分を悪くしているのではないかと思うのに、クツで蒸された足は猶更すさまじい状態だと自覚しています。

夏の季節に知人の自宅に呼ばれた時には気が重くなります。

友達の自宅に行くのは楽しみにしているのですけど、足が蒸れてしまうので知り合いの自宅に行くのがイヤなのです。

靴を脱いで知り合いの家にお邪魔した時に知人を不快にさせないだろうかと心配になるのです。

そういう場以外にも飲み屋などで靴を脱ぐようなところだと食事を楽しむよりも足の臭いが周りの気分を悪くさせていないか心配してしまい心の底から楽しめません。

わたしの両隣の人はわたし自身の足の臭いに気付いているんだろうな?と思ってしまい次に顔を合わせるときにイヤな目で見られないかと心配してしまいます。

できたら足が臭わないようにしたいのですが、これといった対処法が見つかっていないので模索しています。

 

毎日汗を出すようにすれば多少は汗臭さが抑えられる

脇の下からただよう汗の臭い。気になりますよね。

そんな方は、まずは入浴をすることです。

シャワーで済ませるのではなく、湯船にしっかり浸かりましょう。

お湯に入って15分程すれば、うっすら汗ばんでくるでしょう。

このように、毎日汗を出すようにすれば、汗腺が強化され、汗臭さが抑えられます。

そうは言っても、全く臭わないようにする事は難しいでしょう。

汗が服に染みて、その生地の所に雑菌が増殖し、その菌の排出物が臭い始めるからです。

そういった時に役立つのが、市販の消臭・防臭スプレーです。

夜寝る前に、明日着て行く服の両脇全体に、消臭・除菌ミストをまんべんなく吹きつけ、干しておくだけです。

いつも通りに汗でシャツが濡れ、「ぼちぼち臭ってくるかな?」と思う時機になると、スプレーの香りがうっすらとして、汗の臭いをおさえてくれます。

匂いのきついスプレーだと、体調などにより頭痛などの原因になるかもしれませんので、香りが残らないタイプがお勧めです。